コンサルティング事業

働き方改革関連法に基づく懸案事項

  • 時間外労働の上限規制
  • 年次有給休暇の時期指定
  • 同一労働同一賃金(均等待遇)
  • 勤務間インターバル制度 etc‥

※上記項目を中心として、職場で様々な改革に取り組むことが義務づけられています。
 この機会に職場の制度、規定など一度整理して、新たに構築してみてはいかがでしょう。


コンサルティング@


社労士による「経営労務診断」を受ける。

労務コンプライアンスや働き方改革に取り組む企業を支援するため、2020年4月よりスタート。社労士が診断し、認証マークを発行する事業です。


  1. 企業活用のメリット
  2. 「人を大切にする企業」であることを認証するので、イメージアップにつながる。
  3. 企業情報に高い信頼性が生まれ、優良人材のリクルートにつながる。
  4. 人事労務管理に関する問題点を正しく把握でき、コンプライアンス意識が高まる。
  5. 女性活躍推進指標となり、法令の公表義務を充足させることができる。

コンサルティングA


雇用関係助成金の相談・提出代行

新型コロナウイルスの影響により、企業経営が大変困難な状況に置かれています。まずは企業の存続を第一に雇用を守りながらこの状況を乗り越えていくか、そしてその先に、人材育成に取り組みながら、生産性を高め、みんな活き活き働ける職場をどう実現していくか、その過程で様々な「助成金」を上手に活用できます。有効な診断・提案を致します。

  • 【助成金の紹介(一部)】
  • 雇用維持を図る。(雇用調整助成金)
  • 新たに雇用する。(特定求職者雇用開発助成金)
  • 雇用環境を整備する。(人材確保等支援助成金)
  • 高齢者を活用する。(65歳雇用推進助成金)
  • 従業員の能力アップを図る。(キャリアアップ助成金)

※助成金は百種類以上あります。そこから各社にあったものをご提案致します。


コンサルティングB


人事賃金システムの構築・運用コンサルティング

導入する目的は、
@社員の意識改革と能力開発
A会社の方針に沿った明確な目標設定と管理
B業績や能力に応じた適正な評価と処遇

※上記@〜Bがうまく機能していくと、人材の定着が良くなり、人も育ち、業績も向上します。


経営理念

経営計画

部門目標

個人目標

(システム全体のイメージ)

等級制度
評価制度
賃金制度

サブシステム

個人目標制度
部門業績評価制度
チャレンジ加点制度

●説明会
●社員研修(考課者、被考課者)
●運用ソフト(マニュアル)
●運用指導
●規定の改定(就業規則、賃金規定等)


コンサルティングC


職業能力評価基準の活用

厚生労働省で開発されたもので、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例・職務遂行能力」を業種別、職種・職務別に整理したもの。また、自由にカスタマイズが可能です。


効果的な活用
@人材育成の資料として活用 → 人材育成計画の立案に
A従業員は自己のスキルアップとして活用 → 自己啓発のヒントに
B人事評価の資料として活用 → 評価・処遇決定の資料として
C採用や人事異動での活用 → 人材戦略の計画立案に
D研修や検定試験での活用 → 社内研修等のテキスト作成に応用

※自由にカスタマイズすることで様々なことに応用できます。



コンサルティングD


働き方改革関連法への対応

  • (1)同一労働同一賃金への対応
  • 職務分析・職務評価開発ツール」を通じて、正規社員
    と非正規社員の待遇の格差を鮮明にし、職場における「同
    一労働・同一賃金」の実現化を図る。
  • (2)年次有給休暇の時季指定への対応
  • 年次有給休暇管理簿」を運用し、社員の管理と記録を行う
  • (3)時間外労働の上限規制への対応(時間外労働の削減)
  • 企業が現在の付加価値(利益)を維持しつつ労働時間を削減したいとき、どの程度労働生産性を上昇させればよいかなどを「労働生産性算定ツール」を活用しシミュレーションして方針に生かす。




コンサルティングE


人事労務(総務)部門のテレワークの導入と外注化

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響もあり、テレワークを検討する企業が増えています。導入を検討するに当たり、以下の懸案事項が考えられます。

1.働き方に関するルールの設定(規定の整備)
2.ICT環境の整備
3.セキュリティ対策 等・・・


テレワーク導入にあたり、法的に義務づけられた手続き等はありません。
上記1〜3の懸案事項の整備に加え、各種労務関係の手続業務を「電子申請」に切り替えることで負担軽減が可能です。また、テレワークとはいえ、労働に変わりはありませんので、各労働法制の規制を受けることは通常の働き方と何ら変わりはありません。
テレワークに移行できる業務とできない業務を分け、移行できる業務はこの機会に検討を始めてはいかがでしょうか。「選択と集中」ではありませんが、直接利益を生み出す部門と間接的な部門を切り分け、戦略的に将来を見据え、生産性の向上を図ることが経営にとって有効な手立てかもしれません。そのためのお手伝いをさせて頂きます。

その他、人事労務部門の経営課題は沢山あります。
例えば、コンサルティングEでは、「テレワーク」の推進を掲げましたが、人事労務部門の業務の中で、アウトソーシングできる業務は「外注」する企業も増えています。特に中小零細企業で顕著です。社員の採用・退職に伴う手続業務(雇用、労災、健保、年金)、給与計算業務、労働保険料の年度改定、算定基礎届など、今後公的な機関とは書類のやりとりではなく、電子申請が義務づけられてきます。(大企業では既に実施が義務化)
この度の新型コロナウイルス渦で露呈しましたように、家賃や人件費などの固定費が事業の見通しが困難なときに、固定費をどれだけ軽くしておけるかということが重要です。休業手当も重くのしかかります。

法令遵守で企業のイメージアップを図り、各種助成金で緊急時の対応をし、社員の能力開発を行い、人事賃金システムの構築を契機に社員のやる気を促し、成果については公平に処遇も行い、更なるモチベーションアップと会社への忠誠度を高め、働きがいのある職場を実現していく。個別の様々な人事労務の課題は「人」の専門家である社会保険労務士にお任せください。身近な経営者や労働者の相談相手を目指します!




報酬表(社会保険労務士業務

区分 内容 料金
相談費用 初回(60分まで) 無料
1時間 30,000円
相談顧問 手続き業務等を含まない契約 30,000円/月
総合顧問 手続き業務等を含む契約(30名未満) 30,000円/月
手続き業務等を含む契約(30名以上) 社員数×1,000円/月
給与計算業務 初期設定費用 30,000円(初回のみ)
月例給与及び賞与 社員数×1,000円/月
就業規則作成 簡易版 100,000円
オーダーメイド版 200,000円〜
その他各種規定 給与規定、旅費規定など 100,000円〜
労働保険手続 労働保険料概算・確定申告 20,000円〜
労働保険料申告書 30,000円〜
労災保険関係成立届 20,000円〜
雇用保険設置届 50,000円〜
労災保険特別加入申請書 30,000円〜
第三者行為災害届 80,000円〜
遺族(補償)年金(一時金)請求 50,000円〜
障害(補償)年金(一時金)請求 50,000円〜
その他届出(一人当たり) 5,000円〜20,000円
社会保険手続 社会保険算定基礎届 20,000円〜
社会保険新規適用届 30,000円〜
社会保険関係届出(一人当たり) 5,000円〜50,000円
第三者行為による傷病届 30,000円〜
老齢年金裁定請求 30,000円〜
障害年金裁定請求 50,000円〜
遺族年金裁定請求 50,000円〜
その他届出(一人当たり) 5,000円〜20,000円
労働基準法関係 36協定届 10,000円〜
就業規則届出 20,000円〜
変形労働時間制に関する協定届 30,000円〜
各種協定届(みなし、裁量労働等) 30,000円〜
労働安全衛生法 健康診断結果報告書(50人以上) 5,000円
産業医・安全管理者・衛生管理者選任届 5,000円
帳簿書類の整備 賃金台帳、雇用契約書、出勤簿等 20,000円〜
助成金の申請 着手金(1件当たり) 20,000円〜
報酬(請求時に着手金は控除する) 支給決定額の20%
立会業務 行政官庁等の立会(労基署等) 10,000円/1時間
是正勧告対応 資料作成等 100,000円/1調査
その他 ご相談



報酬表(コンサルティング業務

内容 料金
●経営労務診断 20,000円〜
●経営労務監査 別途相談
●人事賃金システム構築・改訂  別途相談
●教育訓練(社内研修・セミナー講師) 20,000円/1時間
●職業能力評価基準導入コンサルティング 1日30,000円×日数
●職務分析・職務評価コンサルティング 1日30,000円×日数
●労働時間削減・有給休暇時季指定管理(働き方改革関連) 50,000円〜
●テレワーク推進・外注化推進コンサルティング 別途相談
■遠隔地への出張 旅費(公共交通機関・宿泊等) 実費
日当 30,000円/1日

新規開業の方など特に優遇させて頂きます。どうぞお気軽にご連絡ください。







教育事業・研修・カウンリング事業・コンサルティング事業
株式会社インテグレーション 大阪研修センター
〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-3-24-M416
電話 06-6195-5086 FAX 06-6885-6522